地域おこしソリューションとは?

「生活を支える場としての商店街」が多様な住民ニーズに応えるためのサービスです。
 そして未来のために、現在から実施することがとても重要な取り組みとなります。

左側の「助け合いサービス」を軸に、その「補助機能」が右側についています。
補助機能には、見守りや、アンケート機能、地域のプレミアム商品券など、様々な課題に対応できるようになっています。
助け合いで、ポイントを得られるようにもなっておりますので、お子様にも積極的に参加していただき、ポイントを貯めて商店街の1日店長をしたり、縁日で使っていただいたり、もちろんお店でも使っていただく独自のサイクルが作り出せるようになっています。
 
実施することで上段にある「住民ニーズ」を取得出来るようになり、住民にとっても商店街を『見守りの拠点』にする事が可能になります。
   

資料請求

どうして今から行うことが重要なの?

多くの地域で取得されているアンケートの中に
「困った時、依頼したい時、手を挙げられますか?」というニュアンスの質問があります。
 
ほとんどの地域で20%以下であり、3%代のところもあります。
つまり、自動運転やドローンでの宅配、遠隔医療など、便利な世界になっても手をあげられない状態にあります。

ご近所同士の助け合い

日頃から、困ったときに依頼が出来る環境があることで、解決するアクションを起こして解決する方法を得ることが出来ますので、まずは近隣の方との助け合いを行い、徐々に未来に向けてIot連携を行うことで、住みやすい地域づくりに繋がります。

資料請求

実施、導入に向けて

冒頭の図の通り様々な補助機能が付いていますが、まずはスモールスタートして徐々に拡大することをお勧めいたします。

1.本当に困っていることを、なんとなくではなくアンケートで数字化します。
2.困っている内容を助け合いサービスに反映して、地域内で提供します。
  ①助けて欲しい方がポイントを購入して依頼をします。
  ②ポイント購入の際に3.5%の発行手数料をのせて原資をいただきます。
3.助け合いで得たポイントは地元の商店街で使えるようにします。
  ①先に発行手数料をいただいていますので、決済手数料は不要です。

発展的な利用方法

各機能の使い方は自由です。様々な活用方法でご利用いただけます。

利用例1利用例2利用例3
1.助け合い機能地元での助け合い旅行者向けの助け合い副業促進
2.会員証機能ポイント付与民泊の鍵ゲート通過用
証明書
3.見守り機能独居高齢者の見守りお子様の見守り
(出入通知)
空き家管理
4.商品券機能地域プレミアム
商品券
旅行者向け
デポジット
地元企業との
ポイント連携
5.応援掲示板地元活動への
参加の代わりに投げ銭
取り組みの告知及び
寄付募集
SNS連携による
告知強化
6.ポイント機能助け合いポイント来店ポイントアンケートなど
インセンティブポイント
7.投げ銭機能壊れた公園の遊具を撮影
寄付を呼びかける
地元の野球チームの
応援に投げ銭する
ローカル線運営費の
寄付を募集
8.アンケート機能助け合い開始前の
困っている事を把握
定期アンケートで
常に課題を発掘する
地域全体の要望を
集める

段階に分けた計画策定なども支援します

まずはご相談ください。

資料請求